12 07 15

RCA_IDE_Rio Tinto

 今回の記事はRio Tintoという会社にスポンサードされたプロジェクトのお話です。テーマはパラリンピックで期間は4週間、今年ロンドンで開催されるオリンピックとパラリンピックに関連しており、パラリンピック競技に関係した領域でのデザイン提案や問題点の洗い出しがプロジェクトのメインテーマです。まず、プロジェクトのブリーフィングとして実際のアスリートの方々にインタビューをするセッションが開かれました。パラリンピックの場合、障害の種類によっての区分が細かくなるので、一口に自転車競技や短距離競技と言っても様々に異なった種目が存在します。100メートル走だけでも男女合わせて10個以上の競技数になるといったような具合です。
In this time, I’ll describe about Project which is sponsored by the company, Rio Tinto. The project treats Paralympic as a theme and the duration is 4 weeks, relating to Olympic held at London in this year. We were supposed to suggest the design ideas or exploring the problems lurk in the things of Paralympic. In the beginning of the project, we had several times of briefing session with Paralympic athletes to interview the experiences of them. In case of Paralympic, the sorts of the events are minute and various so in one event like bicycle has a lot of different events inside. Only in 100m dash event they have more than 10 gold medals.

120709_1
120709_2120709_3

 選手へのインタビューを終えて、対象と出来るようなポイントを探りながらの話し合い。槍投げ選手のスコット・ムーアハウスさんの意見を参考に、義足のソケット部分の改良へ的を絞りました。理由としては、義足そのものの進化に比べてソケット部分の改良は遅れているということと、体に接するソケットの快適さは選手の練習時間やメンタリティにも大きく影響するだろうという点です。実際に足の石膏型を取ったり、大量のスケッチをベースにモデルの方向性を検討していきました。
After the interview, we started the discussion to find out the target points. Based on the opinions of Scott Moorhouse who is a javelin thrower, we narrowed down the targets to improvement of the socket of prosthetic. As reasons of choice of the target, there are some things that the delay of improvement of the sockets compared to the improvement of the prosthetic itself. We thought comfort of sockets are largely effect to the practice duration and mental. Study works started with making an actual plaster leg mould and large amount of sketches.

120709_4120709_5
120709_6

 アプローチした課題点は「筋肉の収縮への対応」、「着脱の容易化」と「透湿性の確保」の3点です。アスリートは筋肉が発達しているので、カーボンなどのハードケースのソケットで覆われていると筋肉の収縮が圧迫されてしまうということ。また練習後にソケットを外すために何十分もかかってしまうという不便さ。そしてソケットが汗を発散させないために、コップのように汗が溜まってしまうという問題点。可能な限りソケットに使用する素材を減らしたオープンストラクチャーを実現するために、ボロノイ図をベースに骨繊維にも似たようなパターンの構造をアルゴリズムで生成。このストラクチャーは透湿性の確保にも役だっています。インナーにもシリコンなどではなく、通気性の高いメッシュ素材を使用し、スノーボードのブーツなどに使用されているような締め付けを調整できるダイヤル機構を装備しています。
Approaching targets are “Optimizing to the muscle contraction”, “Facilitating the attach and detach”, “Obtain the moisture permeability”. Athletes have advanced muscles so the contraction amounts are comparatively large. Existing hard case socket is not suitable for this property. Also existing socket enforce the athletes to take long time to detach after the training. In addition, fully covered environment can not allow to diffuse sweat. We choose the open structure to solve these problems. By using an algorithm, we make structure patterns similar to the bone fiber based on the Voronoi diagram. Inner material is well ventilated mesh. It also equips adjusting dial to adjust the tightness like boots of snow boarding.

120709_6
120709_6
120709_6

 モデリングはRhinoceros、Grasshopperというプラグインでボロノイ図をベースにした穴開きパターンを生成するパッチを組んでいます。最終のモデルは外部のモデルメーカーに発注して制作してもらいました。このプロジェクトはメディア露出が多く、BBCの夜のニュース番組や日本のデザイン誌AXISなど様々な媒体に紹介されたようです。結果として興味を持ってくれた方々からのコンタクトが色々とあり、更に開発を進める方向に話が進んでいたりします。上手くいけば南極探検に使用されるかも?
Modeling is done by using Rhinoceros and Grasshopper plugin. We made patch for generating porous structure with Voronoi diagram. Final physical model are made by external model makers by ordering. Finally this project has lots of opportunities to present in different media. As a result, we got some contacts from people who has interesting for further development. It is still on going with slow pace.

120709_12
120709_4120709_5

comments:0

Comment Form
Remember personal info

 

---

SetaS

Blog

---

Category
  • arduino (4)
  • c.V. (9)
  • Card (1)
  • Clothing (1)
  • Conpe (2)
  • Drawing (2)
  • Exhibition (4)
  • fluidDial (7)
  • grass hopper (1)
  • Mac (1)
  • modeling (1)
  • MySQL (1)
  • Other Works (4)
  • Photo (2)
  • Rhino (1)
  • Royal Collage of Art (11)
  • SetaS.jp (5)
  • SONAR (12)
  • traktor (3)
  • web (1)
  • WP (6)
  • Archives
    Get Adobe Flash player