2011-12

RCA_IDE_Reverse Disrupt

映像制作のプロジェクトはオリエンテーションを兼ねていましたが、2つ目以降のプロジェクトはもっと具体的なテーマが設定されています。
期間は5日間で、かなりハイペースで進行して行きます。グループプロジェクトのマネジメントをしながら、必要な技術(マテリアルの扱い、電子工作やプログラミング、ブレインストーミングの手法など)を各テーマごとに順に体験していくというプロジェクトが3つ行われました。

今回はこうしたインダクション的グループプロジェクト×3の1つ目のお話。Reverse Disruptというリバースエンジニアリングの手法を体験してみましょうという主旨です。バックグラウンドが異なるように振り分けられた4人でのプロジェクトです。

まずは各グループごとに何かのプロダクトを渡されます。僕らのグループは電気ドリルでした。そして、そのプロダクトを徹底的に分解し、ディスプレイの準備と構造と機能の分析、プレゼンをします。

Guerrilla London project was also an orientation, the projects after that set more specific themes. The second project had five days period with pretty fast-paced progress. With the group projects management, we experienced the the necessary technics in order for each projects. (materials handling, electronics and programming tools, brainstorming techniques)

This is the first story of an induction of these three group projects. Reverse Disrupt project is that experiencing the reverse engineering techniques. In the projects, we were dispatched to four people groups with different backgrounds.

The products passed to the each group. We were a group of electric drills. And the product thoroughly decomposed, and then the preparation and analysis of structure and function of the display.

111230_1
111230_2
111230_3

分解と分析に関してのプレゼンを終えると、プロジェクトは後半へ。今度は分析した内容を元に、どのように改良することが出来るかを検討します。僕らのグループでは、「電気ドリルドライバーを購入したユーザーは、平均で年間10分ぐらいしか使わない」という統計に注目して、構造的な改良では無く、「どうしたらドリルを買わずに済むか」という提案を考えました。壁に穴を開けなくて済むような、ウォールハンギングシステムのコンセプト案です。
At the end of the presentation and analysis with respect to decomposition into the second half of the project. Now based on the content analysis to examine whether and how we can improve. We are a group of “customers who have purchased electric drill driver, use only about 10 minutes on average per year,” called attention to the statistics, rather than structural improvements, “buying a drill I do not have to do” considered a suggestion. And avoid opening the hole in the wall, a wall hanging system concept is proposed.

111230_4
111230_5

最終プレゼンではコンセプトの概要を説明して、モックアップでイメージを伝えました。時間は10分程度だったと思います。このウォールハンギングシステムは電源コンセントやLANジャックの付いているモジュールに付け替えることで、マルチファンクションな壁として使えるという点をアピールしました。電気ドリルからのリバースエンジニアリングとしては結構面白い発想のジャンプをしたように思います。
In the final presentation is an overview of the concepts conveyed in a mock-up image. I think the time was 10 minutes. This wall hanging system can replace a module with power outlets and a LAN jack, we appeal that they used as a multi-function wall. Reverse engineering from a drill that seems like a pretty interesting idea jumps.

RCA_IDE_Guerrilla London

前回は学科とは関係の無いプロジェクトのお話でしたが、今回は実際にデパートメントが始まってからのお話です。

プロジェクトの話の前に、僕の所属している学科の紹介を少し。
僕がいるのはInnovation Design Engineeringという学科で、Royal Collage Artの中ではSchool of Designという学群に属しています。
名前の通り、デザインとエンジニアリングの双方を用いてエッジの立ったモノを作ることを目的とした学科だと僕は解釈しています。
人数は35人ぐらいで、ロシアや南アフリカ、イランやプエルトリコ、アフガニスタンなど多岐にわたる国々からの学生がいます。
学生のバックグラウンドも多様で、デザイン出身が1/3、エンジニア出身が1/3、その他の領域から入ってきている人が1/3という割合らしいです。
その他の領域の人たちは物を作るということを専門にした経験が無い人がほとんどで、医者であったり投資やビジネスの世界にいた人など多様です。

あらゆる要素に関して多様な人間が集められた中で、最初に課されたのはGuerrila Londonというプロジェクトでした。
3人1組のグループプロジェクトで、2012年に開かれるロンドンオリンピックにかけて「競争」をキーワードに、ロンドンの特定の地域でゲリラ的に撮影を行って映像作品を制作しましょうというお題です。グループメンバーは事前に決定されていたものがスタート前に告知され、それぞれのグループに対しては撮影地域が地下鉄の路線ごとに割り振られました。
期間は10日間で、期間内に映像の編集方法やシーンの撮り方などのテクニカルなレクチャーも行われました。

The last story was not related to the department. This is a story about the beginning of Innovational Design Engineering.

Before getting into the story about the project, I will write about the introduction of my department. I’m in the department of Innovation Design Engineering, in a school group that belongs to the School of Design. As the name suggests, the department aim to make things with both design and engineering skill sets to make innovational things. Students are about 35 people, and students from diverse countries such as Russia and South Africa, Iran and Puerto Rico, Afghanistan. Also varied in background of students, 1 / 3 from the design, 1 / 3 from engineers, 1 / 3 of people who come from other areas. Most people in other background have no experience in that specialized in making things and they came from the business world, doctor, investment and so on.

In this diversity, the first project was Guerrilla London. In the group with three people, to be held in 2012 between London Olympics “competition” as the keyword, and title your images to create works that we do guerrilla shooting in certain areas of London. Group members were announced before the start what had been previously determined for each group was allocated to each region by subway line. Period was 10 days, including technical lectures were also taking in the scene in time and how to edit video.

111227_1

僕はニュージーランド出身のダン、イラン出身のサラとグループを組んで、セントラルラインの北側を拠点として映像を撮影することになりました。
最初はとりあえず地域を回りながら題材探しをしていたのですが、なかなか面白い物が見つからず。
競争をキーワードに、1日の人の動きをルーティンなシーンの映像で表現してみようという話になりました。
必要なシーンを決めるために、ムードボードやシーン割を書き出して、街中で撮影というプロセスの繰り返しです。
With Dan and Sarah, we started shooting a video based on north of the central line. At first, looking around the area subject and looking for things interesting. We picked up keywords “competition”, choose representation of the scene footage of people on a daily routine. To determine the scene, write down the mood board and scene divided board and repeat the process of shooting in the city.

111227_2

111227_3

111227_4

111227_5

駅中などの公共機関内で無許可での撮影を行っていたので、駅員に捕まったりして大変だったのですが、チューター曰く「一回捕まっただけなら上出来」とのことなので、あまり問題では無かったようです。なんとか撮影と編集を終えた映像は何とも抽象的で、上映会でもポカーンとした観客のリアクションではありましたが、このプロジェクト自体がグレード付けがなされる対象でないということもあり、わいわいとした雰囲気の中でプロジェクト終了となりました。

素材とメイキング映像を簡単に編集した映像を今回も載せておきました。
前回の記事の映像とは異なって、ロンドンの街中の描写がちょっと多めですね。

Shooting in public without permission,we were caught by station attendant, tutor says, “If you only caught one, it means well-done” and it looked not matter. Finished work was something abstract, with the audience reaction at screenings was silent, but it was not subject with grading, the project finished calmly.

In this post, putting a video of making and video material. It is a bit generous depiction of the city of London.

RCA_Pre-Sessional

111221_1

ロンドンに来てから4ヶ月以上が経とうとしています。今は冬休みなので、その間にあったRCA内でのプロジェクトに関してまとめてみようと思います。1ポストに付き1プロジェクトで、おそらく5~6ポスト分、日替わり更新な予定です。

今回は夏休み期間中に行われたPre-Sessionalクラスに関して。
これは正課のプロジェクトが始まる前の、いわば「語学研修」で、RCAのキャンパス内で行われますが、実際のコースとは関係がありません。期間は5週間、参加人数は30人前後で、ほぼ全てのデパートメントからの参加者がいます。僕は語学のスコアが規定に達していなかったのでこのクラスに放り込まれたわけですが、実際に参加者を眺めてみると、本当にスコアに達していないのか疑いたくなるぐらい流暢に喋る人もいて、大分びくびくしていました。

で、このプロジェクト内では正課内での論文執筆や英文資料参照のためのレクチャーが行われます。指定図書の輪読や、毎週異なった映画を観ての感想文を書いたりといった感じなのですが、その中にLondon Projectなるものがありました。グループを組んでロンドンに関する事柄をまとめ、コース最終日にプレゼンするというもので、ロンドンのことを何も知らない僕らが周遊する機会のために設けられたような内容です。

僕らのグループでは映像を撮ったのですが、完成クオリティ云々というよりは全員違う国からやってきて、ロンドンをぐるぐると回りながら映像を撮影していったプロセスそのものが印象深いものとなりました。ちなみに、映像のコンセプトはロンドンのラグジュアリーなペット事情は変だよねというような内容で、そのことをパペットショーで揶揄しています。

以下にメイキングの映像を掲載しておきます。なんとなくですが、雰囲気が感じられるかも?
グループメンバーは日本、台湾、イラン、スペイン、デンマーク、オランダという構成でした。

Has been for almost four months or more since coming to London. Now in winter holidays, I summarize about the project at the RCA I had ever before. In one project with one post, maybe 5-6 posts, and will be updated daily or by couple of days.

This post is about the summer Pre-Sessional class.
Held before the beginning of the project accomplishments, so-called “language training”, and it was took place on campus of RCA, and is not related to the department. 5-week period, the number of participants is around 30, and participants are from almost every department. I was thrown into this class because not reached to the specific score but the some participants look speaking so well and fluently. In actually, I was bit nervous about communication to other guys in the course.

We had lectures to write papers for reference materials in the regular curriculum, reading books, and I had to write a comment about movies every week. There was the London Project. It was a group project in London, something like the opportunity to tour the London that we know nothing.

In the group project, we took a movie. In strictly speaking, rather than the finished quality, feeling that all come from different countries became a very impressive for me with the process went round and round around London. Incidentally, the concept of video is luxury pet situation in London that looks bit strange and ironical. We made a mock of that by using puppets show.

Posted below is making video of the project. You may feel the atmosphere of the course.
Our group was composed of the people comes from Japan, Taiwan, Iran, Spain, Denmark, Holland.

Home > Archives > 2011-12

 

---

SetaS

Blog

---

Category
  • arduino (4)
  • c.V. (9)
  • Card (1)
  • Clothing (1)
  • Conpe (2)
  • Drawing (2)
  • Exhibition (4)
  • fluidDial (7)
  • grass hopper (1)
  • Mac (1)
  • modeling (1)
  • MySQL (1)
  • Other Works (4)
  • Photo (2)
  • Rhino (1)
  • Royal Collage of Art (11)
  • SetaS.jp (5)
  • SONAR (12)
  • traktor (3)
  • web (1)
  • WP (6)
  • Archives
    Get Adobe Flash player