2012-01

RCA_IDE_Superform(Second-half)

前回の記事から引き続きSuperformプロジェクトのお話、後半戦です。前半では縮小サイズの模型の制作や素材、技術の実験を行っていましたが、後半では実際にアイデアを形にしていきます。上の動画はプレゼン中の様子で、実際に機能する椅子の様子が見られます。前半で検討していた通り、カーボンファイバーの板バネ構造の椅子で、全て手作業によって仕上げました。ほとんどの作業が未経験のものだったので、手探りによる試行錯誤の連続でした。
The story continues from the previous article Superform project is the second half. In the first production model of reduced size and material, I was experimenting with technology in the second half will continue to shape the ideas in practice. Look at the video above of the presentation, the chair can be seen how that actually works. As I discussed earlier, the chair of the structure of a carbon fiber spring plate, all finished by hand. Yet it was the most work experience, through trial and error groping was continuous.

120105_1

身体に固定するプレート部分はグラスファイバー、脚の部分はカーボンファイバーで制作するので、FRPを張込むための型を作る所から始まります。型は男型で、プレートは三次曲面、脚は二次曲面で削り込んでいきます。この段階で、サイズやバランス、部品の勘合などの検討も同時に行っていきます。
Plate portion secured to the fiberglass body parts made of carbon fiber legs so start by creating a type of expansion for inclusion FRP. Type is the type guy, third plate surface, leg cut goes into a secondary aspect. At this stage, we do also consider the size and balance.

120105_2
120105_3
120105_4
120105_5

ある程度型を削り込んだ段階で、FRPの張り込みの準備をします。一回目の張り込みは実際のスケールでの素材特性と造形、バランス、手順の確認の為に制作するテストピースなので、最終的な仕上がりはあまり気にせず、スケジュール優先で行います。離型の為のマスキングテープ張りと離型材による下処理、張り込むガラス生地とカーボンクロスのカットなどを行っていきます。
At somewhat elaborate carved types, surveillance and prepare for the FRP. Stakeout is the first time in the material properties and modeling the actual scale, balance, because the test piece to be produced to confirm the procedure, the final result but not much is done by scheduling priority. Tension and releasing material under treatment with masking tape for the release of carbon will conduct such cross-cut fabrics and glass lie in wait.

120105_6
120105_7
120105_8

FRPの張り込みを行います。型の表面にゲルコートを塗布してから、カットしたそれぞれの生地を型に沿うように置いて樹脂を刷毛とローラーで含浸させるという作業を、必要な積層枚数分繰り返して行います。染み込ませる樹脂にも種類があるのですが、ここでは比強度に優れたエポキシ樹脂を採用しています。一回目の張り込みではいくつかのミスをしているのですが、この段階では気が付きませんでした。また、真空引きを行う設備が無かった為に、気泡抜きの処理が不十分でした。
Performs surveillance of the FRP. After applying the gel coat on the surface of the type of work is impregnated with resin at a brush and roller to adhere to each type of fabric was cut, stacked and repeated the number of copies required. I kind of have to work in plastic, we adopted an epoxy resin with superior strength. De Stakeout is the first time that a few mistakes at this stage was unaware. In addition, there were no facilities for performing evacuation was poorly processed without bubbles.

120105_9
120105_10

張り込んだパーツが切削可能になるまでに最低でも8時間は待たなければなりません。その間に、シートクッションや底面の緩衝用にウレタンスポンジをカット、研磨してパーツを制作しておきました。乾燥後は脱型して勘合確認と、動作の分析をしていきます。
At least 8 hours before it can be cut into parts 張Ri込Nda will have to wait. Meanwhile, cut the urethane foam in seat cushion and the cushion on the bottom, I have produced and polished parts. After drying, demolding and then check mate, we will analyze the behavior.

120105_11
120105_12
120105_13
120105_14
120105_15120105_16

テストピースの分析を元に、再度FRPの張り込みを行います。テストピースは地面に近い部分のカーブにモーメントが集中しすぎていたので、そのカーブを短くするように型を修正し、全体の剛性を増す為に張り込むレイヤー数を5層から12層に追加しました。また、一回目の反省を生かして型に枠を設けずに張り込んでいます。二回目の硬化待ちの間に、シートと脚部分を固定するボルトとプレートを旋盤で削り出して作成しました。
Based on the analysis of the test piece, the FRP re-do the stakeout. Since the test piece was too focused on the moment curve close to the ground, so as to modify the type curve is shorter, five-layer added to the number of layers to 12 layers in order to increase the rigidity of the whole lie in wait was. In addition, frame type on the lookout to providing the first time taking advantage of lessons learned. While waiting for a second cure was created machined on a lathe and plate bolts to secure the seat and leg portions.

120105_17
120105_18
120105_19

2回目も脱型した後にバリをジグソーでカットし、サンダーで削り込んでからヤスリや研磨剤で磨いていきます。再度アセンブリを行って完成です。シート部分はフィラーで目を埋めて徹底的に研磨した後に塗装、身体に固定するためのベルトを付けました。
Cut by a jigsaw-type burr removal after second attempt, we will shine on abrasives and abrasive cutting into the Thunder. Complete re-assembly is performed. Sheet portion is thoroughly coated after polishing fill the eye with a filler, I put a belt for securing the body.

120105_20120105_21

非常にタイトなスケジュールの中での制作だったので、最終的な仕上がりにはあまり満足出来なかったのですが、アイデアとしては面白い椅子になったかな、と。「立つ」ことと「座る」ことの中間で、動きながら中腰の姿勢を取ることに特化している椅子という考えを伝えるには及第点だと思われます。まだ修正点が見えてきているので、次の段階ではCADで型を正確に削り出すということと、脚部も緩やかな三次曲面にすることで安定感を増すということにトライしてみたいのですが、いつ実現出来るかは不明です。
It was produced in a very tight schedule, the final finish is not happy about, as I became chair of interesting ideas, and more. “Stand” and that “sit” in the middle of it, to convey the idea that specialized chair to take the attitude of the kneeling position while moving it is probably passing mark. I have been to see the point yet fixed, the next stage and that the issue cut to the exact type in CAD, I want to try to be of increasing stability by a curved surface cubic gradual legs when you can achieve is unknown.

120105_22
120105_23
120105_24
120105_25

RCA_IDE_Superform(First-half)

最初の四半期最後のプロジェクトはSuperformというタイトルの個人プロジェクトで、制作対象は椅子です。期間は6週間で、最初のマトモな制作プロジェクトと言えるかもしれません。前半3週間で3つのアイデアを提案し、後半3週間でその中の1つのアイデアを実際に座れるモデルとして制作します。今回は前半3週間に関してのお話です。

前半3週間が終わった段階で中間プレゼンがあり、制作対象物のスケールモデルを提示しなければなりません。つまり、最低でも3つのモデルを制作することになります。このプロジェクトには制約があって、全てのフェイズにおいて3DCADの使用が禁止されています。これは同時に、3DプリンタやCNCでモデルを削り出すことが禁止されていることを意味するので、このアイデアを考える期間においても積極的に手を動かして考えていくことが求められます。

僕はこのプロジェクトが始まる前から作ってみたい物があったので、この期間では他のアイデアを検討しつつも後半の準備を進めていました。が、とりあえず順番にアイデアを紹介していきます。

In the first quarter, the last individual project titled Superform was about chairs. The period was six weeks and perhaps it was the first decent production projects. Proposing the three ideas in the first half and making an actual model as can be enough for sitting by other people.

This story is about the first half of the project. We had to do presentation at the end of the first half period, must present scale models of the ideas. This means that producing at least three models was mandatory. There are limitations to this project, NOT allowed to use 3DCAD in all phases. This simultaneously means that it is forbidden to cut out the model in 3D printing and CNC, we were required to actively move our hands in the period of considering ideas.

I had an idea I wanted to make before the start of this project while preparing to consider other ideas so I already started to prepare that. Anyway, I will introduce the ideas in order.

120104_1
120104_2

アイデアを考える際に基本とする軸を「構造」「素材」「哲学」と異なる物にセットして、「イス」や「座る」ということに対して何が出来るかを考えていきました。1つ目のアイデアは「構造」を軸に考えてみた物です。テンセグリティという構造体の特徴を生かした折り畳み椅子のアイデアで、支柱とそれを支えるワイヤーで構成されています。ワイヤー部分がゴムのような弾性体であれば、一瞬で展開する椅子に出来るかもしれないと考えました。
When considering the idea that basic “structure “, “material”, “philosophy” were set to be different, “chair” and “sit” went to see what we can do that. The first idea is “structure” based. The idea of utilizing the features of the folding chairs that tensegrity structures are composed of wires and supporting pillars. If the elastic body like rubber wire part, thought the chair might be able to deploy in the moment.

120104_3
120104_4

こちらは「素材」を軸に考えてみたアイデアで、FRP(Fiber Reinforced Plastic)の繊維にあたる部分を紙で置き換えてみようというアイデアです。通常はガラス繊維やカーボン繊維が使用される部分を紙に置き換えることで、「型を使用しないで成形が出来る」「素早く成形が出来るので、ラピッドプロトタイピングでFRPを使うシーンでの繰り返し作業に向いている」などの利点が得られます。また、樹脂が含浸した状態の紙は半透明の綺麗な状態になるので、それを生かしたデザインも可能です。
Here is “material” based ideas I thought, FRP (Fiber Reinforced Plastic) that let a portion corresponding to replacing by the paper fibers. By replacing the paper normally used pieces of glass fiber or carbon fiber, “can be molded without using a type” “can be shaped so quick, repetitive tasks in a scene toward the FRP using rapid prototyping that “such benefits. Also, resin impregnated paper, so the state becomes a beautiful translucent, it is also possible by utilizing design.

120104_5
120104_6

この3つ目のアイデアが元々作ってみたかった物で、「座る」という行為を軸に考案したものです。休む為に座る椅子というのではなく、動く為に座る椅子で、尻尾のように身体に固定して使用します。弾性と強度に優れた素材を使用して、座りながらも腰を支点にして跳ねたり捻ったりするような身体の動きを支えます。楽器奏者でスツールに腰掛けながら演奏するシチュエーションや、長時間立ちっぱなしで動かなければいけないような時に、これを装着してもっと楽に身体を動かすようなイメージです。ただ跳ねて遊んでみても面白そうだなぁと。

僕は今まで椅子を作ることにはそんなに興味が無かったのですが、理由として「座れるオブジェクトであれば階段の段差であろうと椅子と見なせる」ことなどがあります。要は「とりあえず(構造的に十分な)カッコイイ彫刻を作っておけば椅子になる」ので自由度が高く、ゆえに世の中には既にあらゆるタイプの椅子が作られていそうなイメージがあったのです。何をやっても目新しさが無さそうだなと考えました。そこで、自分が興味を持っている「身体の拡張」や「身体との対話」という領域に引き込んで「座る」ということを再解釈しようとしたのがこのアイデアです。椅子というモノは身体というよりは建築に属しているプロダクトのようなイメージもあったので、この方向性は新しい考え方が出来そうだなと思いました。

次回の記事では後半3週間で実際にこのアイデアを制作していったプロセスや最終プレゼンの様子などをまとめます。

I originally wanted to create this third idea, “sit” is devised to acting axis. Instead of sitting in a chair to rest, sit in a chair for work, and use the body as a tail fixed. Using an elastic material with excellent strength to support the movement of the body to bounce and then twist the waist while sitting fulcrum. While sitting on the stool and playing in Good piper, when such leave must must move in a long standing, such as physical activity is an image and attach it to your life easier. It is also interesting and I jumped just time to play.

I have to make a chair until now I did not have much interest as the reason “would be considered a step of the stairs and chairs and if you object to sit”, and others can. In short, “anyway (enough structural) will chair the sculpture cool If you have set” a high degree of freedom, so the world is therefore likely that the image had been already made all types of chairs. I thought it was a novelty even without doing that. Therefore, we are interested in their “extended body” and “dialogue with the body” will pull the realm of “sit” is this idea of attempting to re-interpret that. Chair rather than the things that I had body like image of the product belonging to the building, I thought that this direction is more likely, new thinking.

In the next article summarizes the state of such a process and final presentations were made to this idea in practice three weeks late.

RCA_IDE_Design Enterprise

インダクション的グループプロジェクト×3の3つ目のお話。Design Enterprise、デザインによる社会的な問題解決のプロジェクトです。社会的な問題点やニーズからビジネスやプロジェクトを立ち上げていくことが目的です。このプロジェクトでは環境問題や資源開発の問題点を解決する提案を考えていきます。取り組む問題点はイギリスのパブが近年廃れてきているという問題から海洋汚染まで幅広く取り上げられています。やはり期間は5日間で、4人のグループを組み、興味のある問題を1つ選択します。僕らのグループでは太平洋ゴミベルトの問題を選択しました。
The third story of an induction × 3 group projects. Design Enterprise, a project of solving social problems through design. The goal is to take up a project for business and social issues and needs. This project will consider a proposal to solve the problems of resource development and environmental issues. Tackle the problem has been addressed issues ranging from marine pollution coming out of vogue in recent years that the British pub. 5-day period is also a combination of four groups, select one of the interesting problems. We chose Pacific Ocean Garbage patch issues.

120102_1
120102_2

ゴミのほとんどはプラスチックゴミで、漁業系のゴミよりも家庭ゴミのショッピングバッグなどが沿岸部から流出してきている割合が高いということで、ショッピングバッグを減らす為の取り組みを考えることにしました。マインドマップを大量に書き出して、全体の把握から問題点の抽出を行います。
Most of the waste plastic trash, and that a high proportion have been leaked from the coast of household garbage and shopping bags than trash fish-based, we think that efforts to reduce the shopping bag. Export mind maps a lot, make the extraction of the grasp of the whole problem.

120102_3
120102_4

最終案は、エコバッグを設置、貸出、回収するビジネスアイデアの提案をしました。あまり評価は良くなかったのですが、元々この手の話自体に疎い(興味が無い)自分としてはかなりしんどいプロジェクトでした。終わった後の感想としても、勉強にはなったけど、自分が主眼を置いて扱うテーマでは無いなと。もちろん、宇宙船地球号にとっては重要なことなんでしょうけども。

問題点から、具体的なデザイン対象までのロードマップを構築して上げるという意味では良い課題だと思いましたが、環境問題や貧困の解決に何でもデザインソリューションを適用するというのもナンセンスだな、と。適材適所を忘れずに、必要なことを用いるべきだとは思いますが、デザインとエンジニアリングがあるからといって万能なわけでもないので、最近のIDEのやたらにサステナビリティを推進する風潮には懐疑的な態度の今日この頃です。

The final draft, established the Eco-bag, loans, business proposal was the idea of recovery. Evaluation of the poor is less, this kind of touch with the original story itself (not interested), my project was a pretty tired. Even after thoughts, I was not studying, focuses on themes dealing with yourself and not. Of course, I would Kedomo for Spaceship Earth is an important thing.

The problem in the sense that I’ll want to build a roadmap to design a concrete that I thought a good challenge, and it is also nonsense to apply the design solutions to solve whatever environmental problems and poverty, and. Do not forget the right place, and it would be necessary to use, nor does it say there is a universal design and engineering, the tendency to promote the sustainability of modern IDE skeptical this time the attitude is today.

120102_5
120102_6
120102_7
120102_8

Home > Archives > 2012-01

 

---

SetaS

Blog

---

Category
  • arduino (4)
  • c.V. (9)
  • Card (1)
  • Clothing (1)
  • Conpe (2)
  • Drawing (2)
  • Exhibition (4)
  • fluidDial (7)
  • grass hopper (1)
  • Mac (1)
  • modeling (1)
  • MySQL (1)
  • Other Works (4)
  • Photo (2)
  • Rhino (1)
  • Royal Collage of Art (11)
  • SetaS.jp (5)
  • SONAR (12)
  • traktor (3)
  • web (1)
  • WP (6)
  • Archives
    Get Adobe Flash player