think parallely, image possibility

Portfolio

by Seitaro Taniguchi

Gastropoda
Icon_Picture

Gastropoda

Gastropoda is a small biomimetic robot designed for using in daily life. It’s mimicking a moving way of slug or snail to be adapted for undulating surfaces in our living environment. Its attractiveness is its motion of working like a creature. It’s working very lively such as being a little bit creepy. This is a robot like an artificial creature and it can be developed with a specific function as a robotic product like Roomba, robot cleaner.

→ Read more …

 Gastropodaは小型の生体模倣ロボットです。生活空間の中の多少の起伏も乗り越えられるように、ナメクジや貝のような腹足類と呼ばれる生物種の歩行方法を模倣しています。 一番の売りは生き物のように動作するモーションです。 人工生物のようなロボットであり、特定の機能をインストールすればルンバのようなロボット製品として発展も可能です。

→ 続きを読む…
fluidDial-2013
Icon_Picture

fluidial

Re-designed version of fluidDial was presented at Tokyo Designers Week 2013. As appearance it’s got quite tiny changes like printed dial on the top plate but internal mechanics and controlling circuit have been hugely updated. The old model of it was composed of a lot of generic part. This time entire components were fully scratched and the movement of fellow fluid has become more apparent.

→ Read more …

  fluidDialをTDW2013用に再設計しました。見た目は天板に文字盤が追加された程度しか変化していませんが、内部の機構と制御回路が大幅にアップデートされています。元々は既存の時計用部品を流用している部分が多かったのですが、全ての部品を独自設計し、磁性流体をより大きな反応で観察することが出来るようになりました。多数の平歯車によって多段減速を行うことで超薄型ステッピングモータの出力が秒針、分針、時針の3つの出力段に取り出されています。それぞれの出力段にアブソリュート型のロータリーエンコーダを備えており、制御回路側のリアルタイムクロックモジュールと一定時間ごとに比較を行うことで位置ずれを自動的に補正するように設計されています。いわゆる機械式時計は機械的にはもっと複雑なことをしていますが、今回の設計では回路とマイコンによって複雑な制御を肩代わりすることで機械側の複雑さを抑えています。古い時代の言葉っぽいですが、メカトロ的な設計ですね。しかし、実はこの設計のファーストプロトタイプは高速側の出力がトルク不足で全てのメカは動かなかったりして大変でした。ちゃんと動いてる状態で撮影しないとなー。

→ 続きを読む…
urei
Icon_Picture

UREI

This wall light works for you. You can change the brightness by turning it. It learns your use history and provide the optimum function for your situation like a skilled concierge. Teaching the way of working to it is quite simple. You just need to turn it. Through being used by you it learns your rituals or preferences. After a period of use it will be gradually independent of you. If you don’t prefer the brightness you can change it by turning it and UREI light will learn from your choice. Based on the learning contents it provides the function to you autonomously. If you have a ritual to turn the light on at 6pm on Monday night, it turns on by itself without your control. It anticipates your next action by interpreting your input. You can access the learning contents through looking into the mirror. By doing certain behaviors in front of the mirror it allows you to give a command and it responds using the internal LEDs. For instance, in case of you have an exceptional event like a party you can tell it to stop the predictive behavior for a day.

→ Read more …

  このライトは自発的に働きます。使用されるたびに「どのように使われたのか」を学習することで、一定の使用期間の後には気の利いたコンシェルジェのように働いてくれるようになります。働き方を教える方法は簡単です。つまみを回してライトを付けたり、光量を調節するだけです。普通のライトとして使用されていくことで、使用者の習慣や好みを学習し独り立ちしていきます。もしも明るさやタイミングに気に入らない点があれば、その時につまみを回すことで再学習させることが可能です。学習内容に応じて自動的に動作するので、使用者はこのライトをコントロールする必要がありません。たとえば使用者が月曜日の6時にライトを点ける習慣があれば、このライトはその時間に自動的に、その時間に点灯される光量で点灯します。このライトは「つまみを回す」というインタラクション以外に「鏡を覗きこむ」という行為によって、ライトの学習内容にアクセスすることが可能になっています。普段の習慣とは異なる例外的な場合への対応のために、予測的動作を止めるような指示を与えたりすることが出来ます。たとえばホームパーティーをするような場合には、その日はストップするように指示が出せます。ユーザーからのコマンドの受付に対するフィードバックは内部のLEDの点滅によって示されます。

→ 続きを読む…
SONAR
Icon_Picture

SONAR

This is a directive speaker for daily use. It may be easier to understand it as a speaker that emits sound like a laser. The speaker utilizes technologies for generating simulated sound waves by lining up a large number of ultrasonic elements and adjusting the wavelengths of ultrasonic sound to the audible spectrum. The speaker is intended for emitting sound in a limited space by irradiating the sound within an extremely limited scope. With the current trial model, the sound leaks when reflected onto the audience and walls, the resolution of low-pitch sound is low, and other problems are also evident. However, it offers a realistic sensation that almost feels like being tickled. The problem explained in the Inspiration section will be resolved by creating a personal audio space that does not cover the ears.

→ Read more …

 日常的に使用することを想定した指向性スピーカーです。「レーザーのように音が出る」スピーカーと想像してもらえるとわかりやすいかもしれません。 超音波素子を大量に並べ、超音波の波長を可聴領域に調整することで擬似的に音の波を生成するという技術を利用しています。 ごく限られた範囲内に音を照射することで、限られた空間に音を鳴らすことを目指しています。現段階の試作機では、聴いている人や壁に反響して音が漏れてしまったり、低音の解像度が低いという問題点がありますが、実際に体験するとくすぐったいほどの臨場感が感じられます。「耳を塞がないパーソナルな音空間」を作ることで、発想の解説で説明するような問題を解決します。

→ 続きを読む…
cV
Icon_Picture

c.V.

This product is a special lighting fixture that is like a work of art. At the center are three acrylic rods that direct the light from the LED light source. These are surrounded by three pillars of water droplets. The water droplets fall from above in a set rhythm. The lighting fixture begins flickering when the light-emitting knob is turned, creating a strobe effect when the timing of the flickering changes. The water droplets move from a state where they appear to be falling and begin shifting back and forth between a state where they appear to be fixed and a state where they appear to be rising. Through this optical illusion, the product addresses the issue that the reliability of vision should not be taken for granted by making viewers aware of the vulnerability of information perceived visually and changing the ways they see things in their daily lives, or getting them to look at different views by using the product as a stroboscope.

→ Read more …

 このプロダクトは少し特殊な、アートワークのような照明です。中心には3本のアクリル棒が立っており、LED光源の光を導光しています。またその周囲を3本の水滴の柱が囲んでいます。水滴は一定のリズムで上から下へと落下します。照明の発光はツマミを回転させることで明滅させることが可能で、この明滅のタイミングが変化することでストロボ効果が発生し、水滴は落下しているように見えている状態から、水滴が固定されているように見える状態と上昇しているように見える状態を行き来します。こうした錯覚から視覚情報の脆弱性を認識し、日常生活でのものの見方が変わることや日常のストロボスコープとして風景を変えることで、「見ていることの脆さ」という問題にアプローチしています。

→ 続きを読む…
FI
Icon_Picture

F.I.

F.I. is an abbreviation of Fingertips Interface that experimental interface device exploring the possibility of haptic feedback. The fingers touching the device can feel different vibration patterns depend on the strength of pressure. The user can recognize how strong the fingers pressing by the changes of vibration pattern. Therefore by assigning different inputs on each pressure steps the user can input several different commands without moving the fingers.

→ Read more …

 F.I.はFingertips Interfaceの略で、ハプティックフィードバックの可能性を探求した実験的なインターフェイスデバイスです。デバイスに触れている指先の押す圧力に応じて異なったバイブレーションパターンが指先に伝わってきます。ユーザーはバイブレーションのパターンの変化によって自分がどの程度の強さで押しているかを把握することが出来るので、異なった入力をそれぞれの圧力に応じた段階に振り分けることで、指を移動させることなく何種類もの異なった入力を行うことができます。

→ 続きを読む…
Doorless
Icon_Picture

Doorless

This work approach the matters, which are preventing rain, giving the heat-retaining property, and sustaining mobility, by the designing and the selecting material. The matters include permeability and others that clothes should solve. By using a super-water-repellent material for the outer material, the work can be prevented from water invading. And titanium-sputtering-material is used in the lining for the heat-retaining property and the permeability. Moreover, waterproof fastener is used too, for the waterproof property. When taking a rest in outdoor, it can transform into shape covering the whole body to improve the functions of heat insulation and the waterproof. When moving, you can lift the bottom of cloth and take off the jacket, so that you can move easily.

→ Read more …

 雨を防ぐ、保温性を持たせる、また衣服としての移動性を損なわないことなどの解決すべき問題点をいくつかピックアップし、それらの解決のためにデザインと素材の選択によってアプローチしています。表地には超撥水素材を使用し、屋外で雨などの水分が侵入してくることを防ぎ、裏地にはチタンをスパッタリング加工した布を使用することで保温性と通気性を確保しています。また、ファスナーも防水ファスナーを使用することで防水性を確保しています。全身を覆う形状に変形することで、屋外での休憩時には保温と防水の機能性を高め、移動時には移動しやすいよう裾を持ち上げたり上着を脱いだりすることで環境変化に対応できるようになっています。

→ 続きを読む…
Tube
Icon_Picture

Tube

This work approach the matters, which are preventing rain, giving the heat-retaining property, and sustaining mobility, by the designing and the selecting material. The matters include permeability and others that clothes should solve. By using a super-water-repellent material for the outer material, the work can be prevented from water invading. And titanium-sputtering-material is used in the lining for the heat-retaining property and the permeability. Moreover, waterproof fastener is used too, for the waterproof property. When taking a rest in outdoor, it can transform into shape covering the whole body to improve the functions of heat insulation and the waterproof. When moving, you can lift the bottom of cloth, so that you can move easily.

→ Read more …

 雨を防ぐ、保温性を持たせる、また衣服としての移動性を損なわないことなどの解決すべき問題点をいくつかピックアップし、それらの解決のためにデザインと素材の選択によってアプローチしています。表地には超撥水素材を使用し、屋外で雨などの水分が侵入してくることを防ぎ、裏地にはチタンをスパッタリング加工した布を使用することで保温性と通気性を確保しています。また、ファスナーも防水ファスナーを使用することで防水性を確保しています。全身を覆う形状に変形することで、屋外での休憩時には保温と防水の機能性を高め、移動時には移動しやすいよう裾の長さを調節することで環境変化に対応できるようになっています。

→ 続きを読む…
Mother
Icon_Picture

Mother

The main theme of this piece was to deal with the abdomen of expectant mothers, which gradually grows bigger over the ten-month period of pregnancy. The focus was on how, owing to its design, everyday clothing could conform to a body that continually changes its form. The specific issues to be resolved were to provide support for pregnant women whose bodies have changed and who find it difficult to move, and to propose an approach to the problem of expectant mothers who are unable to wear the clothes that they would like to wear.

→ Read more …

 妊娠期間十ヶ月の間に徐々に大きくなる腹部への対応というのがこの作品のメインテーマです。変形していく身体に日常の衣服がデザインによって如何に対応できるか、という点に焦点を当てています。具体的に解決したかったことは、「動きづらく」変形した身体のサポートと、「着たい服を着ることが出来ない」という問題に対しての1つのアプローチを提案することです。  プロダクトとしての衣服を意識して製作を続けている中で、衣服がプロダクトとして捉えられるために必要な要素を明確にしなければならないと考えました。様々な状況を想像し、その中に置かれる人間がどのような問題を抱えるかという仮説を立て、その仮説をもとにして問題へデザインというアプローチで挑戦するということです。このような考えから、日常の中で問題を抱えそうな状況を想定してみたところ、思いついたアイデアの一つが「妊娠した女性」でした。生活する環境は普段通りかもしれませんが、その普段の中で自分自身が変形するという特異な状況であると考えました。この作品は徐々に変形していく身体に日常の衣服がデザインによって如何に対応できるか、という点に焦点を当てた作品です。

→ 続きを読む…
 

---

SetaS

Works

---