think parallely, image possibility

F.I.

振動パターンを利用したマルチステップ入力インターフェース

FI
Icon_Picture

F.I. is an abbreviation of Fingertips Interface that experimental interface device exploring the possibility of haptic feedback. The fingers touching the device can feel different vibration patterns depend on the strength of pressure. The user can recognize how strong the fingers pressing by the changes of vibration pattern. Therefore by assigning different inputs on each pressure steps the user can input several different commands without moving the fingers.

 F.I.はFingertips Interfaceの略で、ハプティックフィードバックの可能性を探求した実験的なインターフェースデバイスです。デバイスに触れている指先の押す圧力に応じて異なったバイブレーションパターンが指先に伝わってきます。ユーザーはバイブレーションのパターンの変化によって自分がどの程度の強さで押しているかを把握することが出来るので、異なった入力をそれぞれの圧力に応じた段階に振り分けることで、指を移動させることなく何種類もの異なった入力を行うことができます。

FI_6_thumb
Icon_Picture

As a small experiment I tried to make a new type of interface system by using haptic sense. The alphabets shown in the display demonstrate the keyboard function with the device.

 触覚を利用することで、より多彩なインターフェースシステムを作れるのではないかという小実験として制作したデバイスです。制作したソフトウェアにはアルファベットが表示され、指の位置を変えることなくキーボードとしての機能を果たすことをデモンストレーションしています。

FI_7_thumb FI_8_thumb
Icon_Picture

The device is composed of pressure sensor, vibration motor, silicone rubber and users set their fingers on it. There are two types of model, one is with using four fingers and the other one is with using one finger.

 デバイスは圧力センサー、振動モーター、シリコン樹脂から構成されており、ユーザーが指を置いて使用します。デバイスには4本の指で使用するモデルと1本の指で使用するモデルの2タイプがあります。

FI_9_thumb FI_10_thumb
Icon_Picture

The system of experiment is using processing and Max for software control. User interface is consisted of processing and Max is used for generating different vibration pattern for the motors.

 実験システムのソフトウェアサイドはprocessingとMaxで構成されています。ユーザーインターフェースをprocessingで、それぞれのモーターの異なったバイブレーションパターンのコントロールをMaxで処理しています。

 

---

SetaS

Works

---