think parallely, image possibility

Gastropoda

腹足類模倣型歩行ロボット

Gastropoda
Icon_Picture

Gastropoda is a small biomimetic robot designed for using in daily life. It’s mimicking a moving way of slug or snail to be adapted for undulating surfaces in our living environment. Its attractiveness is its motion of working like a creature. It’s working very lively such as being a little bit creepy. This is a robot like an artificial creature and it can be developed with a specific function as a robotic product like Roomba, robot cleaner.

 Gastropodaは小型の生体模倣ロボットです。生活空間の中の多少の起伏も乗り越えられるように、ナメクジや貝のような腹足類と呼ばれる生物種の歩行方法を模倣しています。 一番の売りは生き物のように動作するモーションです。 人工生物のようなロボットであり、特定の機能をインストールすればルンバのようなロボット製品として発展も可能です。

Slug
Icon_Picture
Slug_6_thumb
Icon_Picture

Slug is a small biomimetic robot designed for using in daily life. Photos and a movie are showing a prototype for investigation of mechanics. In fact, it still does not have a concrete application. If it’s going to be installed high power LED it will be a light moving like a creature. Also if it’s going to be installed a camera it will be a movable device for shooting. Its attractiveness is its motion of working like a creature. It’s working very lively such as being a little bit creepy. This is a robot like an artificial creature and it can be developed with a specific function as a robotic product like Roomba, robot cleaner.

 Slugは日常で使用することを想定した小型の生体模倣ロボットです。写真や映像で紹介しているのはメカニクス検討のための試作モデルです。実のところ、まだ具体的なアプリケーションは搭載されていません。ハイパワーLEDを仕込めば生き物のように動くライトに、カメラを仕込めば移動しながら撮影をする装置にもなるでしょう。一番の売りは生き物のように動作するモーションです。少しcreepyなぐらいに活き活きと動きます。 人工生物のようなロボットであり、特定の機能をインストールすればルンバのようなロボット製品として発展可能です。

Slug_7_thumb Slug_8_thumb
Icon_Picture

This robot is designed to mimic a moving way of slug or snail to be adapted for undulating surfaces in our living environment. As structural inventive points, it moves with six sets of legs driven by one actuator and it can drive even a body of the robot bent in any direction. To achieve these invention, I’ve designed a driving shaft composed of flexible shaft couplers and worm gears, unique brackets working for avoiding twisting and also maintaining excursion, six sets of worm wheels with different phases connecting to the legs with 3D printing.

 このロボットのデザインはなだらかな曲面形状を移動することを目的に設計されています。 生活空間の中の多少の起伏にも対応するために、ナメクジやカタツムリの歩行方法を模倣しています。 構造の工夫として、一つのアクチュエータが六対の足を動作させている点と、ロボットの体がどの方向に曲がっても駆動し続けられる点があります。そのために柔軟なシャフトカプラーとウォームギアが一体成型された駆動軸、可動域を確保しながら捻転を防ぐブラケット、位相のことなる六対のウォームウィールに接続された脚部を一からデザインし、3Dプリンタで出力しています。。

Slug_9_thumb Slug_10_thumb
Icon_Picture

There are not so many things with motion in our daily life. However in recent movable tools have been increasing gradually. I imagine the life with robots like pets but very obedient will provide us with brand-new experiences that is different from the life with only static things. Biomimetic approach is one of trends in robot development but main application is for military use or still be only in a laboratory. I’ve thought using biomimetic robots as coexisting products like creatures in our daily life. In static environment, moving object produce unique elegance.

 日常生活で使用する道具の中にモーションを伴うものは多くありません。しかし、最近ではルンバのようなロボット掃除機など、徐々に増えてきているように思います。ペットのようでいて、従順に支持に従うロボットのいる生活はスタティックな道具に囲まれているのとは異なった体験を私達に提供してくれると考えています。生体模倣型ロボットというのは現在のロボット開発における一つのトレンドでありますが、主な用途は軍事用であったり実験室の中で使用されているだけというものが多いのも事実です。私はこの手法を用いたロボットを日常の中で共存する生き物のようなプロダクトとして提案することを考えました。スタティックな日常生活の中に少しでも動くものがあると、そこには別の趣が発生します。生き物のように活き活きと動きまわるライトや、時間が経つと別の場所に移動してしまっているカメラなど、考えるだけでもワクワクする未来像です。

 

---

SetaS

Works

---