think parallely, image possibility

SONAR

頭にかけないヘッドフォン

SONAR
Icon_Picture
Icon_SlideShow

This is a directive speaker for daily use. It may be easier to understand it as a speaker that emits sound like a laser. The speaker utilizes technologies for generating simulated sound waves by lining up a large number of ultrasonic elements and adjusting the wavelengths of ultrasonic sound to the audible spectrum. The speaker is intended for emitting sound in a limited space by irradiating the sound within an extremely limited scope. With the current trial model, the sound leaks when reflected onto the audience and walls, the resolution of low-pitch sound is low, and other problems are also evident. However, it offers a realistic sensation that almost feels like being tickled. The problem explained in the Inspiration section will be resolved by creating a personal audio space that does not cover the ears.

 日常的に使用することを想定した指向性スピーカーです。「レーザーのように音が出る」スピーカーと想像してもらえるとわかりやすいかもしれません。 超音波素子を大量に並べ、超音波の波長を可聴領域に調整することで擬似的に音の波を生成するという技術を利用しています。 ごく限られた範囲内に音を照射することで、限られた空間に音を鳴らすことを目指しています。現段階の試作機では、聴いている人や壁に反響して音が漏れてしまったり、低音の解像度が低いという問題点がありますが、実際に体験するとくすぐったいほどの臨場感が感じられます。「耳を塞がないパーソナルな音空間」を作ることで、発想の解説で説明するような問題を解決します。

SONAR_1_thumb
Icon_Picture

There are two types of speakers used in our daily lives, namely the stationary type and the concealed type, such as earphones. I have sometimes experienced dissatisfaction with the functions of these two types of speakers. One example is when earphones cannot be used, even though several people wish to listen to different music in one space. Let’s say we are working in the office, for example. If we wear earphones, we might not notice when someone is calling us or if the phone is ringing. I decided to create this piece because I wanted earphones that did not cover the ears, solving this problem. The design factor or image is that of headphones that are not worn over the head.

 日常的に使用されるスピーカーには据え置き型のタイプとイヤフォンのような密閉タイプのものがあります。僕が普段生活している中で、これら2つのタイプの機能では不満の出る場面がありました。それは1つの空間内で、複数の人間が自分の聴きたい音楽があるのに、イヤフォンが使用出来ない場面です。例えば、オフィス内で仕事中の場合にイヤフォンをしてしまうと、他人に呼ばれてもそれに気づかなかったり、電話が鳴っているのに気づかなくなってしまうかもしれません。そうした問題を解決するために、「耳を塞がないイヤフォン」が欲しいなと考えたのが、この作品を制作したきっかけです。デザインファクターとして「頭にかけないヘッドフォン」をイメージしました。

SONAR_2_thumb
Icon_Picture

When I kept coming across instances in my daily life where ordinary speakers seemed useless, I started searching for technologies that could resolve the situation. Directive speakers are already available commercially, but almost all of them are used for making announcements and other business purposes, and they are not intended to be used by consumers for enjoying music. I used my imagination to create forms suited to the use of the technologies in our daily lives, and to infuse the images of sounds being emitted in forms such as lasers and beams. In this way, I attempted to match and fuse the forms and technologies. I believe that the trial speaker has a solid identity, while also taking usability into consideration.

 僕自身が日常生活を送る中で、既存のスピーカーでは実現出来ないユースケースを発見した所から、その問題点を解決出来そうな技術をリサーチしました。指向性スピーカーはすでに販売されているものもありますが、ほぼ全てが業務用のアナウンス等を目的としたもので、一般消費者が音楽を楽しむためのものはありませんでした。日常的にこの技術を利用するにはどのような形状が適しているかを想像し、また「音が出ている」ことと「レーザーやビームのような」イメージをアフォードすることを意識しながら、形状と技術の擦り合わせを行いました。ユーザビリティーを意識しつつも、アイデンティティのしっかりした試作品になったのではないかと思います。

Manual_SONAR_1 Manual_SONAR_2
Portfolio_11022420_thumb
Portfolio_11022411_thumb
Icon_Portfolio
Portfolio_11022412_thumb
Portfolio_11022413_thumb
Icon_Portfolio
Portfolio_11022414_thumb
Portfolio_11022415_thumb
Icon_Portfolio
Portfolio_11022416_thumb
Portfolio_11022417_thumb
Icon_Portfolio
Portfolio_11022418_thumb
Portfolio_11022419_thumb
Icon_Portfolio
 

---

SetaS

Works

---