think parallely, image possibility

UREI

Predictive UI / 予測型インターフェース

urei
Icon_Picture

This wall light works for you. You can change the brightness by turning it. It learns your use history and provide the optimum function for your situation like a skilled concierge. Teaching the way of working to it is quite simple. You just need to turn it. Through being used by you it learns your rituals or preferences. After a period of use it will be gradually independent of you. If you don’t prefer the brightness you can change it by turning it and UREI light will learn from your choice. Based on the learning contents it provides the function to you autonomously. If you have a ritual to turn the light on at 6pm on Monday night, it turns on by itself without your control. It anticipates your next action by interpreting your input. You can access the learning contents through looking into the mirror. By doing certain behaviors in front of the mirror it allows you to give a command and it responds using the internal LEDs. For instance, in case of you have an exceptional event like a party you can tell it to stop the predictive behavior for a day.

  このライトは自発的に働きます。使用されるたびに「どのように使われたのか」を学習することで、一定の使用期間の後には気の利いたコンシェルジェのように働いてくれるようになります。働き方を教える方法は簡単です。つまみを回してライトを付けたり、光量を調節するだけです。普通のライトとして使用されていくことで、使用者の習慣や好みを学習し独り立ちしていきます。もしも明るさやタイミングに気に入らない点があれば、その時につまみを回すことで再学習させることが可能です。学習内容に応じて自動的に動作するので、使用者はこのライトをコントロールする必要がありません。たとえば使用者が月曜日の6時にライトを点ける習慣があれば、このライトはその時間に自動的に、その時間に点灯される光量で点灯します。このライトは「つまみを回す」というインタラクション以外に「鏡を覗きこむ」という行為によって、ライトの学習内容にアクセスすることが可能になっています。普段の習慣とは異なる例外的な場合への対応のために、予測的動作を止めるような指示を与えたりすることが出来ます。たとえばホームパーティーをするような場合には、その日はストップするように指示が出せます。ユーザーからのコマンドの受付に対するフィードバックは内部のLEDの点滅によって示されます。

urei_1_thumb
Icon_Picture

Almost all of the man machine interface devices are “passive” interfaces. Passive interface means that it works by waiting for the input of the user. Exceptional “active” interfaces are limited in digital experience like the display of input option for text inputting, display of search options for web search or recommendation systems of online shopping. The common point in active interfaces is the anticipation of the user’s next action by recording user experience and interpreting it.

 Man Machine Interface 、特にHuman Computer Interface はそのユーザーの爆発的な増加とアプリケーションの多彩化によって、限られたインタラクションのバンド幅を拡大し続けています。タンジブルという概念の登場でフィジカルな物はすべてインターフェースとして機能するようになり、HCIの登場で知覚出来るものはすべてインターフェースとして機能するようになりました。そしてこれらの概念の下に設計されるインターフェースデバイスはほとんどのものが「受動型」インターフェースと言えます。「受動型」とはユーザーの入力を待って機能するということです。例外的な「能動型」インターフェースは例えばテキスト入力におけるLook ahead(入力候補語の表示)やウェブ検索における検索候補の表示、アマゾンのRecommendation機能などのデジタルエクスペリエンスに限られています。能動型インターフェースの共通点はユーザーの行動を記録、解釈することによってユーザーが何をしようとしているかを先読みしている点にあります。

urei_2_thumb
Icon_Picture

UREI is an experimental project to bring the concept of anticipatory interface into the physical experience. Through being used by a user, this physical user interface is learning user behavior to precede the user’s action. Also this project is exploring the interaction method used in this anticipatory interface including a design approach.

 UREIはこうした予測型インターフェースの概念をフィジカルエクペリエンスに持ち込もうとする試みです。ユーザーによって「使用される」ことを通して機械学習を行う物理インターフェースの提案であり、また予測型インターフェースとのインタラクションの方法をデザインアプローチも含めて摸索したプロジェクトです。

urei_3_thumb
Icon_Picture

I designed a wall light integrated with interface as conclusion of the research. It learns the amount and the time of changing when user turns it’s knob to control it. If user has fixed life style, it works automatically like skilled concierge to turn it on with optimum brightness and good timing.

 リサーチプロジェクトの結論として、インターフェースである「つまみ」と一体型のウォールライトをデザインしました。ユーザーがある程度固定された生活習慣を持っている場合には、気の利いたコンシェルジェのようにいつものタイミングと光量で点灯してくれるでしょう。

urei_4_thumb
Icon_Picture
urei_5_thumb
Icon_Picture
urei_6_thumb
Icon_Picture
urei_7_thumb
Icon_Picture
 

---

SetaS

Works

---